高血圧と体温の温度差

高血圧と体温の温度差

高血圧と温度差、これは症状を悪化させる大きな原因となることが多いようです。

 

特に、暖かいところから急に寒い環境に体を晒すことで、血管と心臓に大きな影響を与えます。
実は高血圧ではない方にとっても、危険な行為です。

 

このようなシーンで代表的なのは、冬場の室内から室外にでる時、暖かい部屋から寒いお風呂の脱衣場、トイレといった環境です。

 

暖かい部屋にいるときには、血管は普通ですが、急に寒いところへ行くと、体温調節をするため血管が急激に収縮してしまいます。

 

そして、一気に血圧と脈拍が上がり、心臓に大きな負担をかけます。
高血圧の方にとっては、危険な状態になることもあり、死亡に至ることもあります。

 

高齢者や高血圧の方が、浴槽で倒れている場合は、このような急激な血圧の上がり方が、原因とされています。

 

暖かい部屋、寒い脱衣所、熱いお風呂、寒い脱衣所、暖かい部屋という、一連の激しい温度差の中で、知らず知らずのうちに、血圧はコロコロ変化し、それが高血圧の方にとっては致命的になることもあり、症状も悪化させてしまいます。

 

高血圧の方にとっての日常的に温度差は、絶対に避けなければならないと思ってください。

 

冬場は、暖かい部屋、暖かい脱衣所、少しぬるめのお風呂というのが、高血圧の方にとっての理想のバスタイムであり、トイレも暖かくしておきましょう。

 

また、夏場は、クーラーの関係から、激しい温度差の中にいる機会も多いことから、なるべく温度差は少なくするようにしてください。

スポンサードリンク

高血圧と体温の温度差関連ページ

血液をサラサラにするには
血液がドロドロになることで、高血圧になることが多いというのは、原因の一つとして挙げることができます。
生活習慣を見直そう
高血圧を下げることで食事に関しては、バランスのとれたものを1日3食摂ること、野菜をふんだんに食べること、甘いもの、お酒などは控えることが大切です。
血圧の測り方
高血圧かどうかの判断は、血圧計による数字が頼りです。自分の血圧が高いかどうか、きちんと確認をしておきましょう。
塩分は控えよう
塩分は、口からはいることで、体内ではナトリウムになり、各細胞に存在します。
記録表で良い管理を
高血圧と診断をされたのなら、毎日決まった時間に血圧を測って記録表を作ることをオススメします。
適正な血圧の値を
高血圧の対処法としては、最初に行うのは、自分の適正な血圧の値を知ることです。